危うく解雇宣告ノープランで長休をもらいました

投稿日:

私はパートの勤怠は無遅刻無欠勤だったのですが、昨年の11月に夫が逮捕されて以降は勤怠が悪く、特に急欠は今年に入ってからだけでも10回を数えていました。

急欠10回を数えた時には、さすがにマネージャーから注意を受け「パート時給の定期昇給」は見送らせてもらう旨を言われていました。

借金返済に暗雲の解雇宣告

そして昨日、危うく解雇されるところで、ノープランで長休をもらいました。
スポンサーリンク

借金返済に暗雲の解雇宣告を受けるところでした。

今は本当に勤務先に迷惑をかけているのは重々承知で、私も生活のために時給を稼がなくてはならないことも痛いほど分かっているのですが、いかんせん夫の事件の初公判を前にしていることと、離婚の脱力感で労働意欲が湧かず、一昨日も急欠してしまいました。

その件でマネージャーから改めて、最近の勤怠が悪くなった理由を聞かれました。

「何か、あったのですか?」と、薄々は何かあったと思われてはいる私ですが、改めてそう聞かれても「いや実は夫が・・・」とは言えず、咄嗟に気の利いた理由も思い浮かばず、ただひたすら謝ってその場をしのごうと・・・そうするしかありませんでした。

マネージャーには正直に打ち明けるべきだったのか・・・

今回は意味なく謝罪する、笑って誤魔化すだけでは逃れられなく、神妙な表情で「他のスタッフからの評判も悪く、あなたと同じシフトを嫌がられている」と言われました。

元々このマネージャーさんとはソリが合わないのですが、私が人並みにレジ業務をこなすので、精一杯に庇ってくれていたことも知らされました。

私はそう言われても、今の夫の裁判に向けての心のざわつきや、離婚の脱力感の中でパートの勤怠を改善していこうという気持ちが起こらず、しいて言えば借金返済があるので働いていないと返せないという漠然とした理由(それも特にお給料を計算して稼いでもいない)だけなのです。

早く話しが終わって欲しいと願うばかりでした。

反論できることや、言い訳できることは一つもありませんし、何一つ意見することもない私は、早く話しが終わって欲しいとばかり願っていました。

ところが話は終わらず、かと言って労働意欲(やる気)を見せない私に業を煮やしたのか、マネージャーの口から「解雇宣告」が出そうな暗雲とした雰囲気が漂いました。

労働基準法云々を持ち出すつもりもなく、「悪いのは私」そう思い、とにかく解雇されると職を失い借金返済できないという短絡的な発想から、その場しのぎのノープランで「しばらくお休みをいただけないでしょうか?」と、自ら「長期休み」を申し出て解雇宣告を回避してしまいました。

それしか残された道がないような空気でした。

借金返済に暗雲の解雇宣告
時給のパートタイマーですので、長期休みも退職も収入減としては変わらないのですが・・・

帰宅して。

次のシフトは空白となりましたので、今月いっぱいで「長期休み」をいただきました。

そうしますと5月の借金返済に支障を来たすわけで、ノープランでも今はそこまで考える力も起きない状態で、ご迷惑掛けている勤務先から少しの間、遠ざかれるという安堵した気持ちです。

夫が判決を受ける前に私が判決を受けるわけにはいかないという、何だか投げやりな、やってられない気持ちにもなりました。

同時に昨日書いた「私が逮捕される夢」の意味はこのことを予知していたのかな、と思った限りで、何をするにも疲れています。

-借金返済生活
-

Copyright© 貧困女子の放課後 , 2018 All Rights Reserved.