性格貧困?貧困女子の2つの性格的特徴

投稿日:2017年2月4日 更新日:

十分な収入がないといった根本的な原因だけでなく、性格的な要因が貧困女性を生み出している場合もあると思うのです。

どのような性格や価値観が貧困女子に陥りやすいのか、これは女性や男性に限ったことではありませんが・・・

身のまわりの整理が面倒でやる気がない、時間や約束について守るという意識が低いという人がいます。

総じてお金に関してもルーズであるという傾向が強いと思います。

一つ目は「だらしがない」という性格です。

お金に関しての意識が低いことは、自分にどのくらいの収入があって何にどの程度を消費しているのかを把握しきれないことに繋がります。

お金にルーズな性格貧困女子の特徴としては、お財布の中身がレシートやクーポンでいっぱいになっていたり、手数料を気にすることなくATMからお金を引き出したりと、お金の管理がたいへんだらしなく、そのことが浪費につながりやすいという傾向にあります。

お金の出入りがわからないということに、管理のまずさが加わってしまうと、あっという間にお金に困るということにつながってしまいます。

貧困から抜け出すためには、このだらしのなさを少しずつ改めていくことが重要だと思います。

二つ目は「楽観的」という性格です。

悲観的になるよりも良い傾向ではあるものの、お金に関することに関してはさまざまなリスクを想定した上で、思わぬ出費のリスクに備えたり、今後の生活設計をしっかりと見据えてプランニングすると行った行動に関しては苦手としている場合が多いと思います。

この先もなんとかなるという楽観は、精神衛生上はともかくお金に関する現実問題として貧困女子につながっていく性格的な原因の一つである思えます。

また、「自分に甘い」という性格もお金が溜まりにくく貧困女子に陥りやすいタイプです。

自分へのご褒美などと称して頻繁に高額な浪費をしてしまうとか、今回だけだからと安易にキャッシングやローンを利用してしまうということで、あっという間に所持金が減り借金が増えていくタイプです。

手軽にキャッシングやローンが利用できる現状にあるために、意識しない間につい使いすぎたりかいすぎたりしてしまい、歯止めがかけられなくなってしまう事になってしまいます。

収入があればすぐに消費に回してしまうといつまでも貯蓄はできません。

まとまった資金を貯めるということは、ある程度自分を律して自分に我慢を強いるという厳しさが求められるのですが、それができない性格であれば貧困への道へと突き進んでいくことになります。

貧困女子の特徴として見られるこれらの性格。

基本的にお金に関する意識や知識が低いという問題があります。

収入と支出の家計管理をしっかりして、面倒臭がらずに正しいお金の管理を実践していくことが大事だと思います。

そして自分のお金の使い方を見直し、出費を抑えて我慢ができるように気持ちを切り替えていくことで、少しずつ貧困から抜け出すことのできる道が見えてくることと思います。

-隣の貧困女子
-

Copyright© 貧困女子の放課後 , 2018 All Rights Reserved.